センスに自信のない人はプロに頼んでベストな名刺を作成

SITEMAP

Business card

基本を押さえながら少しだけ今風に

白紙の名刺

一昔前なら名刺は縦向きに文字を縦書きが通例でしたが、今や横向きで文字も横書きも多く見られるのです。しかも「名刺の背景は白」の概念を払拭するかの如く、凝った模様を配する又は色使いに工夫した物が有ります。より自身の個性を出し易い名刺作りが出来るのです。
どういった形が理想的なのかですけれど、やはり白紙の縦向きに縦書きが1番無難では有ります。けれど堅い感じになる恐れが有りますので文字列の妨げにならない程度の模様にして置きます。
今風の横向きに横書きにするならば上下に好みの絵柄を置いた場合、自然と中央に名前や社名を連ねる事となります。限られた空間に名前と部署名や社名諸々を並べるのですから、上下に空間を取られると文字間や列がぎっちりになって大変見ずらくなります。なので突飛な字体や文字列にする事は避けたいものです。
横向きで横書きの左寄せにすると、右に大きな空間が出来てしまいます。
ですから模様と絵柄は右に置いて空間を作らない様にします。加えて人の視線は左上から右下へと流れて行きますので、それを踏まえた位置付けにします。横向きは文字列を中央揃えにするとバランスが取れて見映えも良くなります。更に縦方向で横書き或いは名前を縦書きで社名等は横書きと果てしなく種類が有るのです。最も重要なのは名刺を交わす相手に、自分という情報を伝えらるかに有ります。

CONTENTS

TOP